乳酸菌配合の歯磨き粉が注目されているのはなぜか

乳酸菌 歯磨き粉

口内炎や歯槽膿漏など口腔内外のトラブルは、大きなストレスの原因となり、仕事や勉強にも容易に支障をきたします。ですから、ブラッシングなどを通して歯や口を清潔な状態に保っておくことは年齢を問わず非常に重要なことと言えるでしょう。最近では、「乳酸菌を配合した歯磨き粉」が登場して広く注目を集めています。では、この栄養素を摂取することがどうして口腔内のトラブルを防ぐことにつながるのでしょうか。乳酸菌の働きについて考察してみましょう。

口腔内には多種多様なバクテリアや菌が生息している

口腔内ではおよそ1,000種類のバクテリアが生息しているとされており、個体数は1億を超えるのではないかと想定されています。その中には、雑菌の繁殖を防いで炎症を防いだり、炎症が起きた個所を素早く消毒してくれたりする「善玉菌」もあれば、歯周病菌のように毒素を排出したり炎症を引き起こしたりする「悪玉菌」もあります。乳酸菌は善玉菌に分類されています。善玉菌が多くなって悪玉菌より優位になると、口の中は健康な状態になっていると言うことができるわけです。

市販されている練り歯磨きには強力な界面活性剤が配合されており、ブラッシングをすると口腔内に存在しているすべての菌を除去しようとします。つまり、悪玉菌だけでなく善玉菌も殺してしまうわけです。ブラッシングが終わると、再びバクテリアが増殖を始めます。そこに食べ残しなどがあると、歯周病菌のような悪玉菌が異常繁殖をしてしまう、というわけです。

善玉菌を増やして歯周病菌の働きを抑制してくれるのが特徴

乳酸菌を配合している歯磨き粉を利用すると、口腔内の善玉菌が増えるだけでなく、悪玉菌の増殖を防いでくれる働きもあります。強力な界面活性剤が配合されている訳ではないので、善玉菌を根こそぎ取り除いてしまうという心配がありません。同時に、雑菌を洗い流す効果を持つ唾液の分泌も促進してくれるため、マウスケアには最適の栄養素ということができるわけです。こうした利点があることから、乳酸菌を配合した歯磨き粉を利用する人が増えている訳です。

定期的なブラッシングは不可欠

「乳酸菌を栄養剤として摂取していれば虫歯にならない」というのは正しくありません。口の中に磨き残しがあれば歯周病菌は一気に増殖してあっという間に善玉菌を圧倒するようになります。ですから、起床後および食後のブラッシングは欠かさず行い、善玉菌が成長しやすい環境を維持するように心がけましょう。

管理人も参考にしているサイト⇒ブリアンでまだ消耗していませんか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乳酸菌 歯磨き粉 成分

乳酸菌入り歯磨き粉にはどんな成分が配合されているの?

乳酸菌歯磨き粉 ヨーグルト

乳酸菌を多く含むヨーグルトを歯磨き粉の代用とするのは良いの?