乳酸菌を多く含むヨーグルトを歯磨き粉の代用とするのは良いの?

乳酸菌歯磨き粉 ヨーグルト

乳酸菌には虫歯菌や歯周病菌の増殖を防いだり、
口腔内の善玉菌を増やしたりする効果を持つものがあります。

中には、
歯周病菌を殺菌してしまうタイプのものも発見されています。

では、
歯磨き粉の代わりとして、
乳酸菌を豊富に含む食材「ヨーグルト」を使ってブラッシングおよびマウスケアをすることは可能なのでしょうか。

ヨーグルトケアのメリット・デメリットについて考慮してみましょう。

歯周病菌を減らす効果は確実に期待できる

ヨーグルトには幾つもの乳酸菌が含まれているので、無糖タイプのヨーグルトによるマウスケアで虫歯菌や歯周病菌を殺菌する効果は十分に期待できます。

実際に多くの専門家によってすでに実験が行われており、主な歯周病菌の1つでありひどい口臭を引き起こす「ジンジバリス菌」に対して強い抗菌作用が働いたことが確認されています。

また、ヨーグルトを定期的に摂取することで口腔内の善玉菌が増加するので、歯周病菌の繁殖を長期間に渡って抑制され、虫歯になりにくくなる、という効果も期待できます。

加えて、ヨーグルトの効果により腸内環境が改善されるので、体内の免疫力がアップすると同時に悪玉菌を増やす原因となる活性酸素の減少にもつながるでしょう。

ヨーグルトは酸性が非常に強いというのがネック

ヨーグルトを歯磨き粉代わりに使用するデメリットは「酸性が非常に強い」という点でしょう。

酸が強いということは、歯の表面にあるエナメル質を溶かしてしまう可能性がある、ということです。

ヨーグルトが付着した状態でブラッシングをすると、歯の表面を傷つけてしまい、知覚過敏になってしまうリスクが非常に高くなります。

また、強いヨーグルトの酸は歯茎にもダメージを与えてしまう可能性があります。

そのため、ヨーグルトは食事として摂取するのは良いものの、マウスケア用のグッズとしてはあまり推奨されていないわけです。

歯磨き粉とタブレットタイプの錠剤を併用するのがおすすめ

乳酸菌の良さを生かしてマウスケアをしたいと考えているのであれば、ヨーグルトよりも乳酸菌配合の歯磨き粉を使用する方が安心かつ確実と言えるでしょう。

歯の表面を溶かしてしまう心配がないので、子どもたちでも安心して利用することができます。

もちろん、口腔内の乳酸菌を増やすために錠剤やタブレットを使用するのはまったく問題ありません。

ただし、糖分が配合されてタブレットは歯周病菌の増殖を引き起こしてしまう可能性があるので、使用は控えるのが賢明です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乳酸菌 歯磨き粉

乳酸菌配合の歯磨き粉が注目されているのはなぜか

乳酸菌 歯磨き粉 成分

乳酸菌入り歯磨き粉にはどんな成分が配合されているの?